結婚式 ご祝儀

結婚式に呼ばれたときに持参するもののひとつであるご祝儀ですが、私自身同僚の結婚式に呼んでもらった時にこのご祝儀にいくら包めばいいのか迷ったことがあります。

で、ネットで情報をかなり探して、どうも3万円位らしいということで、この金額を包み、渡しました。後で同じように呼ばれた同僚に確認するとみな3万円包んだといってました。

どうやら合っていたみたいで安心した記憶があります。とはいえこういうのは新郎もしくは新婦の方が自分から見て関係によって変わってくると思います。この考え方からもう少し調べてみたらやっぱり違いました。

全国冠婚葬祭互助協会の調査によると友人、同僚で3万、兄弟姉妹で5万、おい・めいで10万以上という回答が多かったというデータがありました。

基準は3万になっているみたいです。

結婚式スーツ

個人的な話ですが、同僚の成人してからだと同僚の結婚式に出席したことがありますが、その時には服装で結構迷いました。

で、いろいろと調べているとブラックスーツ、ダークスーツに白のシャツ、白のネクタイというのが基本だという情報がちらほら見かけられたので、それらを準備してきていったところ、ほかの同僚も同じ感じでした。



これであってたと安心したのを覚えています。でも逆にNGの服装もあるようです。黒いシャツとか、白のスーツとかです。

白のスーツはさすがに来ていく勇気はありませんでした。イメージ的に新郎が着るイメージです。かぶるのはさすがにまずいというのは調べる前に大体気づきました。

黒のシャツは明るいイベントのはずが、暗いイメージにつながりかねないということでNGらしいです。同僚の結婚式に同席した際は、花嫁さんの知人の方々もいらっしゃいましたが、女性の場合ドレスが多く、やっぱり明るい色合いが多かった記憶があります。

この明るさを基調としたものを選ぶのは男女で共通してますね。